溜りすぎると良くないLDLコレステロール。LDLコレステロール減少させるには、毎日の食生活がとても重要です。しかし、食生活以外に私たちが出来ることはないのでしょうか?それは運動です。運動療法とも言われ、LDLコレステロール減少にとても重要な役割を担っています。

 

LDLコレステロールを下げるために、どんな運動でもやれば良いというわけではありません。一番効果的な運動は、有酸素運動です。運動には有酸素運動と、無酸素運動という2種類の運動方法があります。

 

無酸素運動とは文字のごとく、酸素をあまり使わずに、筋肉に負荷をかける運動方法です。短距離走や、筋トレなどがこの無酸素運度にあたります。
そしてもうひとつの運度方法が有酸素運動という運動方法です。この有酸素運動は無酸素運動と反対に、酸素をたくさん使って筋肉に負荷をかける運動方法です。あまり苦しくない程度の運動量で、適度に長時間運動をします。時間的には、30分程度続けると良いでしょう。

 

ウォーキング、ジョギング、ストレッチ、サイクリング、エアロビクス、水泳などが有酸素運動にあたります。ウォーキングは歩くということですが、ただ歩くだけではありません。ウォーキングは全身運動です。通勤通学でひと駅早く降りて歩くだけでも、充分に効果がありますので、毎日の生活に手軽に取り入れてみてください。

 

有酸素運動は、LDLコレステロールを減らすだけでなく、善玉コレステロールであるHDLコレステロールを増やす働きもあります。また有酸素運動自体は、心肺機能を高める効果もあり、血液の流れを良くし、血管を強くします。

 

高血圧の予防や体脂肪の減少、生活習慣病の予防にも関係してくるので、毎日少しづつでも良いので続けるようにしましょう。

LDL(悪玉)コレステロールを下げるサプリをご存じですか?

青魚に含まれるDHAとEPAという成分にLDLコレステロールを無理なく下げる効果があります。

 

DHA・EPAサプリメントについてはこちらのページで解説してます!

 

サプリを上手に活用してコレステロールを下げる方法はこちら