LDLコレステロールとは何?

健康診断を受けた時にコレステロール値の検査をしたことはありませんか?

 

その検査欄にLDLコレステロールという名前が記入されていたはずです。この検査結果によって今後の生活習慣を改めなければいけないほど、人間にとって重要な成分LDLコレステロール。では、この気になるLDLコレステロールとはどういうものなのでしょうか。

 

LDLコレステロールは、通称悪玉コレステロールとも言われています。悪玉と聞くと、体に不必要なもの、悪いものといったイメージがありますが、案外そうとは言い切れないようです。LDLコレステロールは、本来私たちの体にとって必要不可欠なホルモンや細胞膜を作るのにとても大切な成分なのです。なくてはならないものですが、あり過ぎると困りもので、一定の基準値が設けられているのはそのためです。

 

コレステロールの総量が220mg/dl以上、LDLコレステロールが140mg/dl以上。
この基準値を超えると、高コレステロールということになります。

 

高コレステロールと診断されると、一番に心配される病気が動脈硬化や心筋梗塞。また、動脈硬化以外にも、高脂血症や糖尿病などの生活習慣病も引き起こしやすく、メタボリックシンドロームにも大きく関わっていると言われています。

 

LDLコレステロール値が高くなる原因として、一番大きなものは、ズバリ生活習慣です。バランスの取れていない食事や揚げ物や肉を良く食べる。飲酒やたばこなどの嗜好品。運動不足など、日々の生活の中にLDLコレステロール値を上げてしまう原因が隠れているのです。

 

また、同じコレステロールでありながら、LDLコレステロールとは別の働きをするコレステロールがあります。それはHDLコレステロールです。このコレステロールは、通称善玉コレステロールと呼ばれています。

 

このHDLコレステロールは、体の中のコレステロールをきちんと肝臓に運ぶ働きを担っていますが、LDLコレステロールは、HDLコレステロールが肝臓に運んだコレステロールを血管を通して、体中に戻してしまいます。そのため蓄積されたコレステロールが血管を詰まらせてしまう恐れがあるため、悪玉コレステロールという呼び名がついたのです。

LDL(悪玉)コレステロールを下げるサプリをご存じですか?

青魚に含まれるDHAとEPAという成分にLDLコレステロールを無理なく下げる効果があります。

 

DHA・EPAサプリメントについてはこちらのページで解説してます!

 

サプリを上手に活用してコレステロールを下げる方法はこちら